メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園大会歌

作詞者のタイムカプセル開封 25年ぶり

「栄冠は君に輝く」作詞の加賀さん出身地の石川県で

 全国高校野球選手権の大会歌「栄冠は君に輝く」を作詞した加賀大介さん(1973年に58歳で死去)ゆかりの品を収めたタイムカプセルが命日の21日、出身地の石川県能美市の根上(ねあがり)野球場で25年ぶりに開封された。没後20年に当たる93年に埋設され、第100回記念大会を迎える今年、掘り起こすことになっていた。

     加賀さんは16歳の時に野球の練習中のけががもとで右足を切断。白球への思いが込められた大会歌の歌詞は48年、公募5252作品の中から選ばれた。没後の89年には根上野球場に歌碑が建立された。

     タイムカプセルには文筆家だった加賀さんの遺稿の写し、大会歌を作曲した故古関裕而さんのサインなどが入れられており、開封式典の参加者は加賀さんをしのんだ。妻道子さん(93)は「大会歌が歌い継がれることで、夫はいつまでも生き続ける。本当に幸せな人」と感慨深げだった。【岩壁峻】

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト