メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの栄冠

100回目の甲子園へ/6止 監督として審判として あの笑顔胸に、球場へ /石川

2002年の羽咋は、とにかく笑顔の絶えないチームだったという。前から3列目、窓際でピースサインをしているのが浜名冬樹さん。同2列目、帽子を後ろ前にかぶり、両手を広げるのが原佑輔さん=宮崎監督提供

2002年準決 羽咋3-4金沢

 写真には、抜群の笑顔の選手たちが写っている。「本当、底抜けに明るいチームだったんですよ」。2002年全国高校野球選手権石川大会で4強入りを果たした羽咋。昨年から再び同校の指揮を執る宮崎宏正監督(57)は当時を振り返ると、特別な感情が今もわき上がる。公立進学校の躍進を支えたのは、右の浜名冬樹、左の原佑輔(故人)の両3年生投手だった。

 この大会、横手投げの浜名さんは、直前に習得したチェンジアップがさえた。「相手が2テンポくらい待たな…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです