メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

豪雨で自宅被害、両親に背中押され挑む 岡山

バットに思いを込める井元将也選手=岡山県浅口市で2018年7月11日、益川量平撮影

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県で13日、第100回全国高校野球選手権記念岡山大会が開幕した。開会式は同県倉敷市のマスカットスタジアムで行われ、選手や関係者は、災害の犠牲者に黙とうをささげた。

 昨夏と今春に続く甲子園出場を目指すおかやま山陽高校(岡山県浅口市)野球部の井元将也(しょうや)主将(3年)は、西日本豪雨により同県倉敷市真備町地区の自宅が濁流にのみ込まれた。「野球をしていいのか」。迷いはあったが、両親に背中を押され、最後の夏に挑む。

 「わや(むちゃくちゃ)じゃ」。9日、被災後初めて自宅に入った井元主将は言葉を失った。父親と初めてキ…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文843文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 米国 大統領令を準備 独禁法違反で米、グーグルなど調査
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです