メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」

最後の夏で投球する大湊川内の山道昴昇主将(3年)=青森県八戸市で2018年7月12日、北山夏帆撮影

青森県立大湊高川内校舎 本校の大湊高などから助っ人借りて

 生徒数の減少で2020年度での廃校が決まっている青森県立大湊高川内校舎の野球部が12日、第100回全国高校野球選手権記念青森大会の1回戦に出場した。部員は投手の山道昴昇主将(3年)、ただ一人。本校の大湊高や運動部などから助っ人を借り、試合に臨んだ。結果は38-0で完敗だったが、「練習してきたことをすべて試合にぶつけられた。悔いはない」と胸を張った。

 山道選手は幼稚園の頃から野球を始め、中学まで続けた。高校入学当初は吹奏楽部に入ったが、中学時代の仲…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文675文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです