メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

球史が動いた夏

第100回全国高校選手権を前に/1 本土との距離近づく 第40回大会、首里が沖縄から初出場

沖縄大会を観戦する(左から)山口辰次さん、金城睦俊さん、仲宗根弘さん

 1915(大正4)年に始まった全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は今夏、第100回を迎える。過去の大会を振り返ると、高校野球の規則や制度、歴史などを変えるきっかけを作った選手や関係者らがいた。球史を動かした彼らの歩みをたどった。【安田光高】

 今月上旬、沖縄大会が開かれていた那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇の三塁側スタンド。60年前に沖縄…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1173文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです