メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

球史が動いた夏

第100回全国高校選手権を前に/2 脱スパルタ、脈々と 第61回大会「史上最高」箕島-星稜戦

甲子園塾で実技講習中の山下智茂さん(中央)。後ろで若手指導者たちがメモを取ったり、カメラを回したりしている=安田光高撮影

 解せなかった。「負けそうなのに、どうして笑っているのか」。第61回大会(1979年)3回戦の箕島(和歌山)-星稜(石川)戦で、星稜監督(当時)の山下智茂さん(73)は箕島監督(当時)の尾藤公さん(故人)の笑顔を見つめていた。

 箕島は1点を追う延長十二回2死から嶋田宗彦の本塁打で同点。再び1点を追う十六回2死後、森川康弘がファウルフライを打ち上げたが、一塁手は転倒して捕れず、直後に同点本塁打。延長十八回に箕島がサヨナラ勝ちした。劇的な試合展開から「史上最高試合」と呼ばれている。

 試合後、山下さんは激闘の映像を見て気付いた。「私は(選手を)待つ、信じる、許すができなかった。尾藤…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1090文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです