メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園で校歌を

藤蔭28年ぶり夏の挑戦/上 打球の進化 スイング改善&パワーアップ /大分

 「大会の反省をして考えながら打て。低いヒットになるような打球だ」。原秀登監督から指示が飛ぶ。夏の甲子園出場を決めた2日後の27日。藤蔭の選手たちは、バッティングマシンから出されるボールをとらえようと、鋭いスイングを繰り返した。「集中!」。熊懐(くまだき)郁祐主将(3年)を中心に選手たちから自然と気合の言葉が出る。甲子園に出発する直前まで、打撃練習の手を緩めるつもりはない。

 この1年で「守備重視」が「打」のチームに生まれ変わった。きっかけは昨秋の県選手権支部予選。相手はく…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです