メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園で校歌を

藤蔭28年ぶり夏の挑戦/中 チーム一丸 1年間で急造エース、野手が支え /大分

 エースの市川晃大投手(3年)にとって青天の霹靂(へきれき)だった。新チームが始動したばかりの昨年8月下旬。「明日から投手な」。打撃投手を手伝った練習の終わり、原秀登監督から突然、告げられた。新チームまで外野手としてベンチ入りもしていなかった市川投手。「俺が?」。非常に驚いたが、すぐに「信頼される投手になりたい」と闘志を燃やした。

 チームは深刻な状態に陥っていた。エース候補の投手が利き腕の右肘に違和感を覚え、それが抜けない。核に…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1126文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです