メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園で校歌を

藤蔭28年ぶり夏の挑戦/下 監督は28年前の主将 歴史やつながりに感謝 /大分

 優勝を決め、整列を終えると、藤蔭の選手たちは原秀登監督のもとへ一斉に走っていった。「わーっしょい、わーっしょい」。監督の胴上げだ。胴上げはさらに、野球部の副部長としてベンチに入っていた石井潔校長へと続く。「ありがとうございました!」。野球部を支えた2人への感謝の言葉が相次いだ。28年ぶりに甲子園の土を踏む藤蔭。ようやくの悲願を達成した裏には、歴史や人とのつながりがあった。

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1217文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです