メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

佐久長聖、光る粘り 終盤ピンチ、守りきる /長野

 第100回全国高校野球選手権記念大会第2日の6日、県代表の佐久長聖は第4試合で北北海道代表の旭川大高と対戦。春夏通じて初のタイブレークとなった試合を5-4で制し、2回戦進出を決めた。一度は勝利目前となった九回、同点に追いつかれたが、タイブレークに入って2イニング目の延長十四回に貴重な1点を挙げて試合を決めた。途中からナイター照明が輝く中、佐久長聖の生徒らは三塁側のアルプス席から熱戦を見守り、最後まで声をからして応援した。佐久長聖は大会第9日の13日、佐賀商(佐賀)と高岡商(富山)戦の勝者と対戦する。【原奈摘、川崎健、清水晃平】

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1145文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです