メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

小児がん乗り越え 折尾愛真・上地選手 出場、母に約束

【折尾愛真-日大三】打席に立ち、笑顔を見せる折尾愛真の上地龍聖選手=阪神甲子園球場で2018年8月10日、山田尚弘撮影

 夏の甲子園大会第6日の10日、日大三(西東京)に敗れた折尾愛真(北福岡)の4番・上地龍聖選手(3年)は、幼い頃に小児がんと闘った。退院の日、病室で見た甲子園決勝が忘れられずに憧れ続けてきた舞台。初戦突破できなかったが「楽しんでプレーできた」とすがすがしい表情をみせた。

 5歳の時、突然激しい腹痛に襲われた。深刻な病とは思わなかったが、小児がんだった。入院して抗がん剤治療を受けた。母佐代子さん(45)も病院に寝泊まりし、食事ができず…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです