メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

小児がん克服し夢舞台に 折尾愛真・上地

【折尾愛真-日大三】打席に立ち、笑顔を見せる折尾愛真の上地龍聖選手=阪神甲子園球場で2018年8月10日、山田尚弘撮影

 ○日大三(西東京)16-3折尾愛真(北福岡)●(10日・阪神甲子園球場、1回戦)

 夏の甲子園大会第6日の10日、日大三(西東京)に敗れた折尾愛真(北福岡)の4番・上地龍聖選手(3年)は、幼い頃に小児がんと闘った。退院の日、病室で見た甲子園決勝が忘れられずに憧れ続けてきた舞台。初戦突破できなかったが「本当に楽しんでプレーできた」とすがすがしい表情をみせた。

 5歳の時、突然激しい腹痛に襲われた。腹部が大きく腫れていたが、深刻な病とは思わなかった。だが、小児…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです