メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

二松学舎大付 エース攻略し広陵降す

【広陵-二松学舎大付】七回裏二松学舎大付1死二、三塁、右田(奥)に2点適時打を打たれ、打球の行方を追う広陵の森悠=阪神甲子園球場で2018年8月12日、津村豊和撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第8日の12日、阪神甲子園球場で2回戦4試合。第1試合は、二松学舎大付(東東京)が広陵(広島)のエース・森悠を攻略し5-2で競り勝ち3回戦に進んだ。

 二松学舎大付は五回に同点に追いつかれたが、七回に安打と野選に犠打を絡め1死二、三塁とすると、1番・右田の2点適時打と4番・保川の左前適時打で勝ち越した。2番手で登板したエース・岸川は五回こそソロ本塁打を浴びたものの、その後は得点機を与えなかった。広陵は先発・森悠がコーナーを突く力のある…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです