メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

浦和学院 仙台育英を零封

【浦和学院-仙台育英】八回表浦和学院無死、蛭間が左中間に本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月12日、渡部直樹撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第8日の12日、阪神甲子園球場で2回戦4試合。第2試合は、浦和学院(南埼玉)が継投で仙台育英(宮城)を零封。9-0で勝ち3回戦に進んだ。

 浦和学院は初回、四球と安打で2死二、三塁とすると、5番・佐野の右中間を破る2点適時二塁打で先制。三回には2番・矢野の右越え適時三塁打、八回には3番・蛭間が左中間へソロ本塁打を放つなど、リードを広げた。投手陣は先発の渡辺が仙台育英打線に対し6回を投げ3安打無失点。2番手・永島、3番手・美又、4番…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです