メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

浦和学院9-0仙台育英 浦和学院、雪辱リレー

力投する浦和学院の先発・渡辺=渡部直樹撮影

第8日(12日・阪神甲子園球場)

 ○…2回戦…○

 午前10時54分開始(観衆4万1000人)

浦和学院(南埼玉)

  202000023=9

  000000000=0

仙台育英(宮城)

 浦和学院が4人の継投で零封勝ちした。先発・渡辺は威力のある直球を軸に6回を3安打に抑えて7三振を奪った。打線は一回に佐野の2点二塁打で先制したのをはじめ、12安打中6本が長打で効果的に9得点した。仙台育英の先発・田中は制球が甘く3回持たずに降板。攻撃も、得点圏に5度進めた走者を還せなかった。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1229文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです