メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコアブック

第100回全国高校野球 熱中症との激闘

 後世に語り継がれる結末になった済美-星稜戦。だが、手放しでは喜べない。激戦の陰で投手の脚がつり、交代せざるを得なくなったからだ。

 好投していた星稜のエース奥川が四回に右のふくらはぎがつった。治療して五回の打席に立ったが、大事を取って交代した。8点を失った八回に登板した竹谷も投球練習中にふくらはぎがつった。星稜は計6人に同じような症状が出たという。

 林和成監督は「新チームでこれまで一人も脚がつった選手はいなかった。これだけ練習していてつるのだから…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  5. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです