メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

仙台育英、懸命粘り 応援団「よくがんばった」 /宮城

 夏の甲子園第8日の12日、宮城代表の仙台育英は2回戦で、南埼玉代表の浦和学院と対戦し、0-9で敗れた。強打の浦和学院打線に挑んだ投手2人は、長打を浴びながらも粘りの投球を見せた。打線は相手投手4人に4安打に抑えられ、チャンスを生かすことができなかった。だが、最後まで懸命なプレーを見せた選手たちに、三塁側アルプススタンドを埋めつくした応援団からは「よくがんばった」という声援が送られた。【寺町六花、高野裕士】

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文1989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです