メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

佐久長聖、反撃及ばず 見せた、持ち前の粘り /長野

 第100回全国高校野球選手権記念大会第9日の13日、長野代表の佐久長聖は富山代表の高岡商に4-5で惜敗した。佐久長聖は序盤から好機を作ったが適時打が出ず、リードを広げられた。後半に持ち前の粘りを見せて反撃したが、あと1点及ばなかった。球場には熱戦を見ようと4万人以上が詰め掛け、保護者や生徒らも一塁側のアルプス席から最後まで声をからして応援。試合終了後には「ナイスゲーム」「おつかれ」と温かい言葉が選手に送られた。【原奈摘、大西咲子】

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです