メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

2回戦 大阪桐蔭、攻防制す 六回、スタンド歓喜 /大阪

沖学園を破り、アルプス席の応援団にあいさつに向かう大阪桐蔭の選手たち=阪神甲子園球場で、津村豊和撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会第9日の13日、北大阪代表の大阪桐蔭は2回戦で南福岡代表の沖学園を10-4で降し、2年連続で3回戦進出を決めた。次戦は第12日(16日)の第4試合で富山代表の高岡商と対戦する。【池田一生、北山夏帆】

沖学園

  010011010=4

  00021412×=10

大阪桐蔭

 大阪桐蔭は1点を追う四回裏、藤原恭大選手(3年)の適時二塁打などで逆転。しかし五回表に追いつかれ、…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1310文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです