メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

大阪桐蔭10-4沖学園 大阪桐蔭、一打二進 積極果敢に次の塁

【沖学園-大阪桐蔭】六回裏大阪桐蔭2死一塁、小泉の左前打で一塁走者・石川が三塁へ滑り込む(野手・市川)=阪神甲子園球場で2018年8月13日、平川義之撮影

第9日(13日・阪神甲子園球場)

 ○…2回戦…○

 午前9時34分開始(観衆4万5000人)

沖学園(南福岡)

  010011010=4

  00021412×=10

大阪桐蔭(北大阪)

 大阪桐蔭が中盤の集中打で振り切った。同点の六回2死満塁から宮崎の三塁適時内野安打で勝ち越し、青地の左前2点適時打に敵失が絡んで3点を加えた。その後は根尾の中越えソロや藤原の左越え2ランで加点。沖学園は二回に相手の暴投で1点先取し、五回は森島の左越えソロで追いついたが、2番手・斉藤の制球が甘かった。

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1301文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです