メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコアブック

第100回全国高校野球 初の聖地、完敗の教え

 沖学園の鬼塚佳幸監督は大阪桐蔭に敗れた後、「(相手は)ここ一番で力を発揮できる。我々も意識改革に取り組みたい」としみじみ語った。中盤まで互角の展開に持ち込んだが同点の六回2死無走者から4失点。春夏甲子園優勝7回の強豪の強さを肌で実感した様子だった。

 今大会代表校のうち、春夏を通じて初出場は沖学園を含めて3校。その一つの白山(三重)は1回戦でセンバツ優勝経験のある愛工大名電(西愛知)に0-10で完敗。もう一つの折尾愛真(北福岡)は1…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです