メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

下関国際、九回に逆転 創志学園降す

【下関国際-創志学園】三回表下関国際無死一塁、浜松が左中間に適時二塁打を放つ(捕手・藤原)=阪神甲子園球場で2018年8月15日、津村豊和撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第11日の15日、阪神甲子園球場で2回戦4試合。第1試合は下関国際(山口)が創志学園(岡山)を5-4で降し、3回戦に進んだ。

 3点を先行された下関国際は三回に浜松の左中間適時二塁打で1点を返し、五回には2死から四球と盗塁で好機を作り敵失の間に加点。九回無死満塁から暴投で1点を返すと品川の右前適時打で同点。なおも一、三塁とし、佐本の中犠飛で勝ち越した。創志学園は初戦で安定感抜群の投球を見せた2年生エースの西が9四死球…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです