メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

第12日 浦和学院8強 32年ぶり

 第12日の16日、阪神甲子園球場で3回戦4試合。第1試合は、報徳学園(東兵庫)が愛工大名電(西愛知)に快勝し、8年ぶりのベスト8進出を決めた。第2試合は、浦和学院(南埼玉)が二松学舎大付(東東京)との関東勢対決を制し、32年ぶりに8強入りした。試合後に行われた抽選で、大会第14日の準々決勝は浦和学院が第1試合、報徳学園が第2試合に決まった。第3試合は、初出場で準優勝した2004年以来、14年ぶりの8強入りが懸かる済美(愛媛)と32年ぶりのベスト8を目指す高知商が対戦。第4試合は、史上初となる2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)と、71年ぶりの8強を目指す高岡商(富山)の顔合わせ。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文831文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです