メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

第12日 浦和学院8強 32年ぶり

 第12日の16日、阪神甲子園球場で3回戦4試合。第1試合は、報徳学園(東兵庫)が愛工大名電(西愛知)に快勝し、8年ぶりのベスト8進出を決めた。第2試合は、浦和学院(南埼玉)が二松学舎大付(東東京)との関東勢対決を制し、32年ぶりに8強入りした。試合後に行われた抽選で、大会第14日の準々決勝は浦和学院が第1試合、報徳学園が第2試合に決まった。第3試合は、初出場で準優勝した2004年以来、14年ぶりの8強入りが懸かる済美(愛媛)と32年ぶりのベスト8を目指す高知商が対戦。第4試合は、史上初となる2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)と、71年ぶりの8強を目指す高岡商(富山)の顔合わせ。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです