メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

下関国際5-4創志学園 下関国際、九回一気

【下関国際-創志学園】九回表下関国際無死一、三塁、佐本が中犠飛を放つ=渡部直樹撮影

第11日(15日・阪神甲子園球場)

 ○…2回戦…○

 午前8時3分開始(観衆3万3000人)

下関国際(山口)

  001010003=5

  030000010=4

創志学園(岡山)

 下関国際が3安打で5点を奪い、逆転勝ちした。2点を追う九回に四死球と安打で無死満塁から暴投と品川の右前適時打で追いつき、佐本の中犠飛で勝ち越した。先発・鶴田は粘りの投球で4失点完投。創志学園は二回に金谷の右中間2点適時二塁打などで3点先取したが、先発・西が9与四死球と無駄な走者を出したのが響いた。

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1344文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです