メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

金足農、列島沸かす 雑草軍団たくましく 県勢103年ぶり準V(その1) /秋田

 東北勢初の優勝を目指した金足農は21日、決勝で大阪桐蔭(北大阪)に2-13で敗れ、準優勝となった。準決勝まで5試合連続完投の吉田輝星(こうせい)投手(3年)は一回2死満塁から暴投と適時二塁打を浴び3点先制される。四回には3ラン、五回には打者11人の猛攻を受けるなど計12点を失い降板、六回以降は打川和輝選手(同)にマウンドを譲った。打線は三回、佐々木大夢(ひろむ)主将(同)の犠飛、七回に菊地亮太捕手(同)の適時二塁打で2点を返すにとどまった。第100回記念大会で県勢として第1回大会以来103年ぶりに決勝の舞台に駒を進めた「雑草軍団」の快進撃は、県民や全国のファンの記憶に刻まれた。【高野裕士、畠山嵩、佐藤緑平、川村咲平、加藤佑輔】

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです