メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

近江最高 甲子園振り返る 忘れられない夏を越え、全国制覇の夢は続く /滋賀

【近江-金足農】四回表近江2死二塁、住谷が右翼線に適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月18日、平川義之撮影

 「第100回全国高校野球選手権記念大会」(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は16日間にわたる熱戦を終え、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で21日閉会した。夏の甲子園は2年ぶり13回目の出場となった近江は、優勝経験のある全国各地の強豪にも引けを取らない戦いぶりで3勝を挙げるなど、夢舞台で躍動。準優勝を果たした2001年以来、17年ぶりにベスト8まで勝ち上がり、聖地に記録も、記憶も刻み込んだ。100回大会の節目の年に飛躍した、近江の今大会を振り返る。【諸隈美紗稀、小西雄介】

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1887文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 「同和地区の場所」ネット明示で削除要請 法務省が対応強化
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです