メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコアブック

第100回全国高校野球 レジェンドと共通点

【金足農-大阪桐蔭】「レジェンド始球式」で投球する三沢OBの太田幸司さん。右は松山商OBの井上明さん=阪神甲子園球場で2018年8月21日、渡部直樹撮影

 今大会の主役は大阪桐蔭になったが、もう一人の主人公として金足農の吉田輝星投手(3年)も挙げたい。秋田大会初戦から今大会準決勝まで10試合を完投した。

 かつて甲子園を沸かせた「レジェンド」も、その姿に目を奪われていた。この日の「レジェンド始球式」を務めた三沢(青森)OBの太田幸司さん(66)だ。第51回大会(1969年)の松山商(愛媛)との決勝では、この日一緒に始球式をした井上明さん(67)と延長十八回まで投げ合い、0-0で引き分けた。再試合も完投したが、惜しくも敗…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです