メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコアブック

第100回全国高校野球 レジェンドと共通点

【金足農-大阪桐蔭】「レジェンド始球式」で投球する三沢OBの太田幸司さん。右は松山商OBの井上明さん=阪神甲子園球場で2018年8月21日、渡部直樹撮影

 今大会の主役は大阪桐蔭になったが、もう一人の主人公として金足農の吉田輝星投手(3年)も挙げたい。秋田大会初戦から今大会準決勝まで10試合を完投した。

 かつて甲子園を沸かせた「レジェンド」も、その姿に目を奪われていた。この日の「レジェンド始球式」を務めた三沢(青森)OBの太田幸司さん(66)だ。第51回大会(1969年)の松山商(愛媛)との決勝では、この日一緒に始球式をした井上明さん(67)と延長十八回まで投げ合い、0-0で引き分けた。再試合も完投したが、惜しくも敗…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです