メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

大阪桐蔭13-2金足農(その1) 大阪桐蔭、新伝説V

【金足農-大阪桐蔭】四回裏大阪桐蔭1死一、二塁、宮崎が左越え3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月21日、猪飼健史撮影

 (21日・阪神甲子園球場)

 ○…決勝…○

 午後2時6分開始(観衆4万5000人)

金足農(秋田)

  001000100=2

  30036010×=13

大阪桐蔭(北大阪)

 大阪桐蔭が2本塁打を含む15安打で圧勝した。一回2死満塁から暴投と石川の右中間2点適時二塁打で3点先制し、四回は宮崎の左越え3ランで加点。五回には根尾の中越え2ランなど7長短打を集めて打者11人の猛攻で6点を奪い、試合を決めた。各打者の鋭い振りと長打力が光った。先発・柿木は低めを突いて被安打5、2失点で完投。金足農は先発・吉田の制球が定まらず、一回に2四球などでピンチを招いて失点。その後も5試合連続完投の疲れから球が浮き、5回12失点で降板した。打線は二回1死一、三塁でサイン見落としのスクイズ失敗。三回に佐々木夢の右犠飛、七回に菊地亮の右越え適時二塁打で計2点を返しただけだった。【真下信幸】

この記事は有料記事です。

残り1834文字(全文2218文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです