メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

大阪桐蔭V 「春夏」2度目 「一球同心」結実 金足農、東北に勇気

【金足農-大阪桐蔭】優勝し、マウンドで喜び合う大阪桐蔭の選手たち=阪神甲子園球場で2018年8月21日、平川義之撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は最終日の21日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があり、今春センバツ優勝の大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農(秋田)に大勝し、4年ぶり5回目の優勝を飾るとともに2012年以来となる史上初の2度目の春夏連覇を達成した。春夏通算8回目の優勝で、PL学園(大阪)、広島商、松山商(愛媛)を抜き、中京大中京(愛知)の11回に次いで歴代単独2位となった。秋田勢として第1回大会(1915年)以来103年ぶりに決勝に進出した金足農は東北勢初優勝を逃した。今大会の総入場者数は101万5000人で、過去最多だった第72回(1990年)の92万9000人を上回って史上最多だった。【佐藤裕太】

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1539文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  5. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです