メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

大阪桐蔭・中川主将 あの夏あればこそ ミスの怖さ、心を鬼に

優勝し、アルプス席の応援団にあいさつを終えて大阪桐蔭の西谷浩一監督(右)に抱きかかえられる中川卓也主将=阪神甲子園球場で2018年8月21日、津村豊和撮影

 21日の夏の甲子園決勝で、大阪桐蔭(北大阪)が金足農(秋田)を大差で降し、史上初の2度目の春夏連覇を果たした。チームを率いたリーダーはグラウンドで号泣し、1年前にはかなわなかった偉業を成し遂げた。奪三振ショーで大会をわかせた金足農の右腕のパートナーも、東北勢初の優勝は逃したが、自身の成長を口にした。

 大阪桐蔭をまとめた中川卓也主将(3年)は試合後、アルプス席に向かって一礼し、その場で泣き崩れた。昨…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです