メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

大阪桐蔭・中川主将 あの夏あればこそ ミスの怖さ、心を鬼に

優勝し、アルプス席の応援団にあいさつを終えて大阪桐蔭の西谷浩一監督(右)に抱きかかえられる中川卓也主将=阪神甲子園球場で2018年8月21日、津村豊和撮影

 21日の夏の甲子園決勝で、大阪桐蔭(北大阪)が金足農(秋田)を大差で降し、史上初の2度目の春夏連覇を果たした。チームを率いたリーダーはグラウンドで号泣し、1年前にはかなわなかった偉業を成し遂げた。奪三振ショーで大会をわかせた金足農の右腕のパートナーも、東北勢初の優勝は逃したが、自身の成長を口にした。

 大阪桐蔭をまとめた中川卓也主将(3年)は試合後、アルプス席に向かって一礼し、その場で泣き崩れた。昨…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”
  3. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. 戒告処分 相談軽視の発言 長崎市立中の女性教諭 /長崎

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです