メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大阪桐蔭の根尾「忘れ物を取りに来れた」

【金足農-大阪桐蔭】五回裏大阪桐蔭無死一塁、根尾が中越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月21日、猪飼健史撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 大阪桐蔭の「二刀流」の根尾は決勝では打者として輝いた。5点リードの五回無死一塁で甘い球を捉え、バックスクリーンに運ぶ2ラン。金足農の先発・吉田の球に力があったために「ちょっとたたいただけで飛んでいった」と振り返った。今大会は投手として2回戦と準々決勝に先発して勝利に貢献し、5番打者としても3本塁打。「去年の夏は悔しい思いをした。忘れ物を取りに来ることができた」と笑顔だった。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月21日の試合

話題の記事

関連サイト