メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

重圧から解放 大阪桐蔭・中川泣き崩れる

【金足農-大阪桐蔭】優勝し、アルプス席の応援団にあいさつを終えて大阪桐蔭の西谷監督(右)に抱きかかえられる中川卓也主将=阪神甲子園球場で2018年8月21日、津村豊和撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 大阪桐蔭をまとめた中川卓也主将(3年)は試合後、アルプス席に向かって一礼し、その場で泣き崩れた。昨夏、自らのミスを契機に逆転サヨナラ打を浴び、春夏連覇を逃してから1年。背負い続けた重圧が解かれた瞬間だった。「昨年悔しい負け方をした。皆が主将として受け入れてくれ、ここにいる。最高のチームだった」。次第に笑みがこぼれた。

 2017年8月19日。2年生の一塁手として、最初に春夏連覇に臨んだ甲子園3回戦の仙台育英(宮城)戦…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文929文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです