メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

「最強世代」結束の偉業 大阪桐蔭

大阪桐蔭の石川瑞貴=猪飼健史撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 強烈な打球が右中間の芝に弾む。1点リードの一回2死二、三塁、金足農・吉田輝星(こうせい)(3年)の直球を大阪桐蔭の6番・石川瑞貴(同)が右中間2点二塁打とした一打に、「最強世代」の一端が表れていた。

 今年の大阪桐蔭の3年生は、1年生の秋から主力だった根尾昂(あきら)、藤原恭大(きょうた)、中川卓也らがいて「最強世代」と呼ばれる。春2回を含め甲子園優勝3回は戦後最多だ。ただ、主力だけの功績ではない。この日はデータ班の小谷優宇(ゆう)記録員(同)の「吉田の決…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです