メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
夏の高校野球

「今までありがとう」吉田から菊地捕手に

五回のピンチにマウンドの吉田輝星投手(左)に駆け寄る菊地亮太捕手=阪神甲子園球場で2018年8月21日、猪飼健史撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 「今までありがとう」。金足農の菊地亮太捕手(3年)は、ゲームセットで整列する直前、グラウンドで吉田輝星(こうせい)投手(同)に肩を組まれ、こう言われた。相棒から感謝の言葉を伝えられたのは、これが初めてだった。2人で涙が止まらなかった。「うん、うん」。そう返すのが精いっぱいだった。

 昨秋に新チームが発足し吉田投手と初めてバッテリーを組んだ。同級生ながら、既にエースとして活躍してい…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文863文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです