メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

全国との交流成果 東北球界

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 準優勝経験のある東北各県のチーム関係者からは東北勢の更なる躍進を誓う声などが聞かれた。

 1969年夏の決勝で、松山商(愛媛)との引き分け再試合を投げ抜いた三沢(青森)のエース・太田幸司さんと共に戦った同校OBの菊池弘義さん(67)は「当時の三沢と同様に全員が地元出身で投手中心のチーム。東北の人々に『今度こそ東北初の優勝旗を』と応援させる力があった」と評価。その上で「東北では決勝まで進めば『良かった』と満足してしまうところもある。だが、満足してしまえばそこまでなのが甲子園。『絶対に負けられない』という強豪校との覚悟の差がまだあるのかもしれない」と振り返った。

 2011年夏から3季連続準優勝の八戸学院光星(青森、当時は光星学院)の仲井宗基監督(48)は「中堅…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです