メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

881球、力尽き 金足農・吉田投手

【金足農-大阪桐蔭】力投する金足農の吉田=阪神甲子園球場で2018年8月21日、渡部直樹撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

金足農・3年 吉田輝星(こうせい)投手

 経験したことのない強打に、最後まで一人で投げ抜くことはできなかった。5回を投げて12安打を浴び12失点。六回から右翼手に回った最速150キロ右腕は「大阪桐蔭打線は思い描いていたより、はるかに上。全く歯が立たなかった」と脱帽した。

 一回無死一、三塁では低めのスライダーで中川、藤原の中軸を連続空振り三振。これでピンチを切り抜けられ…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文471文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです