メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

志願の先発、実った 大阪桐蔭・柿木蓮投手

【金足農-大阪桐蔭】九回表金足農2死、最後の打者を右飛に仕留めて、マウンドで喜ぶ大阪桐蔭の柿木(中央)と駆け寄る根尾(左)=阪神甲子園球場で2018年8月21日、渡部直樹撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

大阪桐蔭・3年 柿木蓮投手

 マウンドで右腕を突き上げ、駆け寄ってきた仲間たちにもみくちゃにされた。この瞬間を目指してきた右腕は「最高でした」とすがすがしい笑顔だった。

 本調子ではなかったが、四回に点差を広げてもらうと、背番号1のスイッチが入った。五回は先頭から変化球で空振り三振、一ゴロと打ち取り、最後…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです