メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

横浜・慶応、県勢2校の健闘振り返る /神奈川

 21日に幕が下りた第100回全国高校野球選手権記念大会(日本高野連など主催)。県勢は横浜が3回戦に進出、慶応は初戦突破を果たした。甲子園で随所に「らしさ」を見せた両校の健闘を振り返る。【洪〓香】

横浜 高い攻撃力見せつけ

 横浜は昨夏の優勝校、花咲徳栄(北埼玉)に勝利し自信をつけて臨んだ金足農(秋田)との3回戦で、逆転本塁打の一球に泣いた。だが、甲子園の3試合すべてで2桁安打を記録するなど、切れ目のない打線が高い攻撃力を見せつけた。失策1の堅守でチームが掲げる「守り勝つ野球」も体現した。

 横浜は初めて3年連続で夏の甲子園出場を果たした。南神奈川大会では重圧を感じていた選手たちも、甲子園…

この記事は有料記事です。

残り3080文字(全文3375文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 風疹 流行続く 患者127人増

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです