メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

大会総括 「打高投低」に歯止め 本塁打減り、打率も低下 1点差計16試合

【大阪桐蔭11-2浦和学院】八回表大阪桐蔭2死、藤原が中越え本塁打を放つ=18日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は大阪桐蔭(北大阪)が史上初の2度目の春夏連覇を達成し、21日に閉幕した。過去最多の68本塁打が出た前回大会(48試合)に比べ、今大会(55試合)は51本塁打と減少。打率も前回大会の3割3厘から2割7分6厘に落ちた。「打高投低」の傾向に歯止めがかかったが、大阪桐蔭だけは群を抜いていた。

 大阪桐蔭はともに3本塁打の藤原と根尾を含めて8本塁打、15二塁打を放った。長打力を警戒して深く守る…

この記事は有料記事です。

残り4909文字(全文5121文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです