メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

中京学院大中京と能代が軸に 24日開幕

 第63回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催、毎日新聞社、朝日新聞社など後援)が24日、兵庫県の明石トーカロ、姫路・ウインク両球場で開幕し、地方大会を勝ち抜いた16校が6日間(休養日1日を含む)にわたり熱戦を繰り広げる。

     2連覇を狙う中京学院大中京(東海・岐阜)と能代(北東北・秋田)が優勝争いの軸。中京学院大中京は前回優勝投手で最速140キロ超のエース右腕・佐伯を擁する。能代は本格派右腕の児玉、泉の二枚看板で対抗する。

     前々回覇者の天理(近畿・奈良)も前回の登板経験がある2年生右腕・別所を軸に守りは安定。26年ぶり出場の慶応(南関東・神奈川)、初出場の広島新庄(西中国)、筑陽学園(北部九州・福岡)の戦いぶりも注目だ。

     日本高校野球連盟は23日、台風20号の接近を考慮し、日程の一部変更を発表した。開会式は24日午前9時から明石トーカロ球場で予定されていたが、同11時からとし、1回戦2試合の開始時間をそれぞれ1時間半遅らせる。姫路・ウインク球場で同日予定された1回戦2試合は第1試合のみ実施し、第2試合は25日の第1試合(午前9時)に回して同日は同球場で1回戦3試合を行う。【長宗拓弥】

    全国高校軟式野球選手権大会・きょうの試合

     ▽1回戦

    (左が一塁側)

      ○…明石トーカロ…○

    12時半 作新学院-河  南

    15時  能  代-篠山鳳鳴

     ○…姫路・ウインク…○

    14時  上田西 -筑陽学園

    中京学院大中京が登録選手を変更

     大会本部は23日、出場登録選手の変更を発表した。()囲み数字は背番号。名前の後は学年、投打。カッコ内は抹消選手。

     【中京学院大中京】(16)柴田拓孝、3年、右右(直井瞭)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
    4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
    5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです