メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

金足農が地元帰郷 吉田「力以上を出せた」

【第100回全国高校野球選手権】全国高校野球選手権で準優勝を果たし、秋田空港で大勢の人たちの出迎えを受ける金足農の選手ら=秋田市の秋田空港で2018年8月22日午後3時41分、喜屋武真之介撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農(秋田)の選手らが22日、地元に戻った。秋田空港や同校には「おらほのスター」の“凱旋(がいせん)”を一目見ようと、大勢の県民が駆け付け、称賛の拍手を送った。

 空港ロビーは1400人以上の県民らでごった返した。午後3時40分ごろ、準優勝の盾を手にした佐々木大夢(ひろむ)主将(3年)を先頭に、ナインが姿を現すと「感動をありがとう!」「よく頑張ったね!」など温かい言葉が飛び交った。同県由利本荘市から訪れた主婦、加藤聡子さん(37)は「秋田に戻った最初の雄姿をどうしても見たかった。秋田の誇りです」と目を細めた。

 ナインはその後、バスに乗り秋田市内の同校へ。到着して下車すると、待ち構えた地元住民らの大きな拍手で迎えられた。渡辺勉校長は「秋田県は少子化、高齢化と言われていて、この数年、県民がこれほど感動することはなかった。100年に1度の出来事ではないか」とたたえた。

 佐々木主将は「甲子園へ足を運んでくれたみなさんや、宿舎に届いた多くの手紙などが背中を押してくれました」と謝意を述べ、吉田輝星(こうせい)投手(3年)は「声援のお陰で、力以上のものを出せました。ありがとうございました」と話した。

 同校では23日午前、生徒や地域住民を迎え、甲子園報告会が行われる。【森口沙織、川口峻】

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月21日の試合

話題の記事

関連サイト