メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

金足農の大躍進を分析「古い」戦法、強みに

元県高野連会長の小野巧さん=秋田市で2018年6月28日午後0時30分、川口峻撮影

 23日、秋田市の金足農で開かれた甲子園報告会。炎天下の屋外での開催にもかかわらず、生徒や地元住民など約1000人が集まり、ナインの偉業を改めて大歓声でたたえた。【山本康介】

専門家分析 23犠打飛、大会トップ

 秋田球界のレベルアップに尽力した専門家からも、金足農の大躍進を評価する声が上がっている。

 元秋田高監督で県高野連の会長などを務めた小野巧さん(63)は、県の高校野球強化プロジェクトの推進に携わった。決勝当日は甲子園に駆け付けて観戦した。「活躍を期待していたが、決勝進出は驚いた。打線がやや弱いと思っていたが、甲子園で各打者の集中力が増して好成績につながった印象がある」と語る。秋田大会で本塁打はゼ…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです