メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

金足農の大躍進を分析「古い」戦法、強みに

元県高野連会長の小野巧さん=秋田市で2018年6月28日午後0時30分、川口峻撮影

 23日、秋田市の金足農で開かれた甲子園報告会。炎天下の屋外での開催にもかかわらず、生徒や地元住民など約1000人が集まり、ナインの偉業を改めて大歓声でたたえた。【山本康介】

専門家分析 23犠打飛、大会トップ

 秋田球界のレベルアップに尽力した専門家からも、金足農の大躍進を評価する声が上がっている。

 元秋田高監督で県高野連の会長などを務めた小野巧さん(63)は、県の高校野球強化プロジェクトの推進に携わった。決勝当日は甲子園に駆け付けて観戦した。「活躍を期待していたが、決勝進出は驚いた。打線がやや弱いと思っていたが、甲子園で各打者の集中力が増して好成績につながった印象がある」と語る。秋田大会で本塁打はゼ…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです