メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

金足農に寄付1.9億円 校長「予想以上」

渡辺勉校長(右)に準優勝の盾を手渡す佐々木大夢主将=秋田市の金足農高で2018年8月23日午前11時6分、山本康介撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農(秋田)の報告会が23日、秋田市の同校であった。渡辺勉校長は約1億9000万円の寄付があったことを明らかにし、甲子園へ応援に行った生徒の旅費などに充てるとした。余ったお金の使い道は未定。

 報告会は21日の決勝戦と重なった始業式を2日遅れで行った後、校舎の前庭で実施。在校生や地域住民ら1000人以上が集まり、母校に帰ったナインの健闘をたたえた。

 佐々木大夢(ひろむ)主将(3年)が渡辺校長に準優勝の盾を手渡し、「たくさんの応援が心に届いていたからこそ、この結果を残せた。日本一の応援をありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。渡辺校長は「応援経費を出せないと心配していたが、予想以上の集まりに驚いています」と話した。【山本康介】

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月21日の試合

話題の記事

関連サイト