メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

甲子園最多68勝、智弁和歌山・高嶋監督が退任

 甲子園で春夏通算68勝の最多勝利記録を持つ智弁和歌山の高嶋仁(ひとし)監督(72)が25日、和歌山市冬野の同校で記者会見し、「体力的に厳しくなり、激しいノックができなくなった」として24日付で監督を退任したことを明らかにした。

 高嶋監督は同校を春夏通算3度の全国制覇に導き、ベンチ最前列で「仁王立ち」する甲子園の名物監督として高校野球ファンに知られた。会見で「指導者生活48年は長いようで短かった。高校野球は人生そのもの。売り出し中の大阪桐蔭を倒せなかったのは悔いが残った」と述べた。今後は名誉監督として智弁和歌山だけでなく、智弁学園(奈良)などでも指導に関…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです