メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

大阪桐蔭・柿木投手、地元で優勝報告 多久市民200人、拍手で出迎え /佐賀

 多久市出身で大阪桐蔭の柿木蓮投手(18)が23日、同市役所で横尾俊彦市長らに、第100回全国高校野球選手権記念大会の優勝を報告した。玄関前では市民ら約200人が拍手で出迎えた。

 横尾市長は「最後まで力投した姿は全国の野球ファンの心に響いた」とねぎらった。柿木投手は「15歳で佐賀を離れてから、家族や…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです