メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

智弁和歌山の高嶋監督が退任 甲子園最多68勝

記者会見で退任を表明する智弁和歌山の高嶋仁監督=和歌山市冬野の同校で2018年8月25日午前10時16分、後藤奈緒撮影

 甲子園で春夏通算68勝の最多勝利記録を持つ智弁和歌山の高嶋仁(ひとし)監督(72)が25日、和歌山市冬野の同校で記者会見し、「体力的に厳しくなり、激しいノックができなくなった」として24日付で監督を退任したことを明らかにした。

     高嶋監督は同校を春夏通算3度の全国制覇に導き、ベンチ最前列で「仁王立ち」する甲子園の名物監督として高校野球ファンに知られた。会見で「指導者生活48年は長いようで短かった。高校野球は人生そのもの。売り出し中の大阪桐蔭を倒せなかったのは悔いが残った」と述べた。今後は名誉監督として智弁和歌山だけでなく、智弁学園(奈良)などでも指導に関わっていくという。後任監督には智弁和歌山OBで阪神などでプレーし、現在同校のコーチを務める中谷仁(なかたにじん)さん(39)が就任した。

     高嶋監督は長崎県五島市出身。海星(長崎)時代に中堅手として夏の甲子園に出場。日本体育大を経て、1972年に智弁学園の監督に就任した。80年に智弁和歌山に移り、94年春、97年夏、2000年夏の計3回、チームを全国優勝に導き、同校を強豪チームに育て上げた。甲子園での春夏合わせた勝利数は、智弁学園時代を合わせて歴代単独1位の68勝(35敗)に上る。教え子にプロ野球・日本ハムの西川遥輝選手らがいる。

     チームは今春のセンバツで準優勝し、今夏の甲子園での活躍を期待されていたが、1回戦で近江(滋賀)に敗れた。【黒川晋史、後藤奈緒】

    監督別甲子園春夏通算勝利数(上位5傑)

    (1)高嶋仁(智弁学園、智弁和歌山)68勝

    (2)中村順司(PL学園)58勝

    (3)西谷浩一☆(大阪桐蔭)55勝

    (4)渡辺元智(横浜)51勝

    (4)前田三夫☆(帝京)51勝

    ※ 監督名(学校名)勝利数。☆は現役

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
    4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
    5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです