メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

智弁和歌山・高嶋監督退任 高校野球は人生そのもの /和歌山

握手をする智弁和歌山の高嶋仁監督(右)と中谷仁・新監督=和歌山市冬野の同校で、黒川晋史撮影

 「高校野球は人生そのものだった」。智弁和歌山高野球部の高嶋仁(ひとし)監督(72)は25日の退任記者会見で、半世紀近くに及んだ指導者生活をしみじみと振り返った。「強打の智弁」を育て上げ、甲子園で歴代監督1位の春夏通算68勝を挙げた名将の退任に、教え子たちからは感謝と惜しむ声が相次いだ。【黒川晋史、後藤奈緒、木原真希】

この記事は有料記事です。

残り1284文字(全文1444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです