メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

智弁和歌山・高嶋監督が勇退 「仁王立ち」甲子園68勝

2008年センバツの丸子修学館戦、ファウルボールがベンチに飛び込んでも微動だにしない智弁和歌山の高嶋監督(左端)=阪神甲子園球場で、森田剛撮影

 甲子園で春夏通算68勝の歴代最多勝利記録を持つ智弁和歌山の高嶋仁監督(72)が25日、和歌山市内の同校で記者会見し、「いずれ辞める時が来ると思っていた。選手との絆であるノックができなくなった」として、24日付で監督を退任したと発表した。後任には同校OBでプロ野球阪神などでプレーした中谷仁コーチ(39)が就任した。

 高嶋氏は日体大卒業後、智弁学園(奈良)のコーチ、監督を経て1980年から智弁和歌山を指揮した。ベン…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文739文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです