メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

智弁和歌山・高嶋監督が勇退 「仁王立ち」甲子園68勝

2008年センバツの丸子修学館戦、ファウルボールがベンチに飛び込んでも微動だにしない智弁和歌山の高嶋監督(左端)=阪神甲子園球場で、森田剛撮影

 甲子園で春夏通算68勝の歴代最多勝利記録を持つ智弁和歌山の高嶋仁監督(72)が25日、和歌山市内の同校で記者会見し、「いずれ辞める時が来ると思っていた。選手との絆であるノックができなくなった」として、24日付で監督を退任したと発表した。後任には同校OBでプロ野球阪神などでプレーした中谷仁コーチ(39)が就任した。

 高嶋氏は日体大卒業後、智弁学園(奈良)のコーチ、監督を経て1980年から智弁和歌山を指揮した。ベン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  3. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  4. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  5. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです