メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

決勝は河南と中京学院大中京

 全国高校軟式野球選手権第4日の28日、兵庫県の明石トーカロ球場で準決勝2試合があった。河南(大阪)は右腕・山岸が前々回4強の上田西(北信越・長野)を完封し、4回目の出場で初の決勝進出を果たした。2連覇が懸かる中京学院大中京(東海・岐阜)は右腕・佐伯の3試合連続完封で、前々回優勝の天理(近畿・奈良)に快勝した。

     ▽準決勝

    河南の先発・山岸は要所締め、2試合連続の完封

    河南(大阪)

    000101000◆2

    000000000◆0

    上田西(北信越・長野)

    (河)山岸-仲村(上)桜井丈、矢嶋-両角▽二塁打 矢嶋(上)

     河南は四回1死二、三塁、射場本の遊ゴロで1点を先制。六回は2死から2安打と四球、敵失で2点目を挙げた。先発・山岸は6四死球も要所を締め、2試合連続の完封。上田西は9残塁と打線がつながりを欠いた。

    中京学院大中京の先発・佐伯は直球に球威、2安打完封

    天理(近畿・奈良)

    000000000◆0

    01003000×◆4

    中京学院大中京(東海・岐阜)

    (天)別所、真野-井筒一(中)佐伯-島田▽二塁打 加納、佐伯2(中)

     中京学院大中京は二回2死二塁、佐伯の左翼線適時二塁打で先制。五回には4長短打を集めて3点を挙げた。先発・佐伯は直球に球威があり、2安打完封。天理は守りのミスが失点につながり、打線も沈黙した。

     ▽決勝

    (左が一塁側)

      ○…明石トーカロ…○

    29日午前11時  河  南-中京学院大中京

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです