メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

輝星、甲子園後初投げ30球「楽しかった」練習試合では一塁コーチも(スポニチ)

立大との練習試合で一塁コーチを務める吉田(中央)=スポニチ提供

練習試合 高校日本代表3-1立大(2018年8月27日 都内近郊)

 U18アジア選手権に出場する高校日本代表の金足農・吉田は、この日から投球練習を再開した。都内近郊で行われた練習で「投げたい」と志願。21日の大阪桐蔭との甲子園決勝以来となるブルペンで、捕手を立たせて30球を投じ「フォームの連動性を意識した。久々に強く投げられて楽しかった」と笑った。

     今夏1517球の熱投による疲労蓄積が心配される甲子園準V腕だが「問題はない。早く実戦で投げたい」。立大と練習試合で登板はなかったが、5回の攻撃で一塁コーチにつきチームの逆転を見守った。「どんな形でもいいからチームの勝利に貢献していきたい」と意気込んだ。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです